シュークリーム

スイーツの定番としてとても人気のシュークリームですが、シュークリームは多くの人が好きで、とても魅力のあるものですよね。
もりんのシュークリーム『まおのいしあたま』も、もりんを代表するスイーツのひとつです。
そのシュークリームの名前の由来ですが、フランス語の「シュー・ア・ラ・クレーム」で、アとラが略され、クレームを英語読みして名付けられました。
これはクリーム入りのキャベツという意味があり、シュークリームの皮の形がキャベツに似ていることによってそう言われました。
元々の名前もすごく面白いですが、キャベツに似ていることによって命名されたというのは驚かされますよね。一方はお菓子でもう一方は野菜なのですが、形が確かに似ているのでかなり興味深い話です。シュークリームは世界中でとても人気のあるお菓子ですし、すごくデリシャスなので、老若男女関係なく誰にでも人気があるお菓子です。シュークリーム専門のお店がある程、シュークリームはかなりメジャーなスイーツでもあります。シュークリームを食べたときのあの感触は、何とも表現できないほど、良い感触がします。
初めてシュークリームを食べたときのあの感触は、今でも忘れないくらい強烈に残っています。
柔らかくて、クリームと皮の絶妙のバランスが最高においしく感じます。
私の知り合いの人に、シュークリーム大好き人間がいます。
その人は、おいしいシュークリームを求めて全国津々浦々旅をするほどです。ここまでシュークリームに関して執念のある人は見たことがないので、かなり驚かされます。その知人はシュークリームを毎日のように食べるので、シュークリームに関してかなり詳しくて知識がすごいのです。女性の間でもスイーツは大変人気がありますし、その中でもシュークリームはやはり人気上位にくるかもしれません。
お菓子には様々なものがありますが、シュークリームはまた他のお菓子とは一味違った独特なものがあるのです。
中に詰め込んだクリームは定番のカスタードや生クリーム、そしてシュー皮はサクサクしている固めのものから、しっとり柔らかいタイプのものまで、ひと口にシュークリームといっても、いろいろなタイプがあります。
パティスリーもりんの『まおのいしあたま』は、サクサク、いや、どちらかと言えば“ザクザク”とした食感が楽しいシュークリームです。
ゴツゴツとふくらんだカリッと香ばしいシュー皮の上部にはザクザクとした食感のヘーゼルナッツ。 シュー皮の中には、バニラビーンズの香り豊かなもりん特性カスタードクリームがたっぷり。 あまりの美味しさに、午前中で売り切れてしまうこともしばしば。
シュークリームはこれからも人々を魅了していくと思いますし、なくてはならないものです。
そんなみんなから愛されるシュークリームを提供するため今日も1日頑張ります。